ベルタ酵素の働き

ベルタ酵素に含まれる酵素の働きについて

人は生きていく上で毎日大量の酵素が使われています。
しかし、酵素を生産する能力は年々衰えていくのです。
酵素栄養学の第一人者エドワード・ハイウェル博士が「酵素の量は人それぞれに一生の生産量は決まっている」と述べている。 
人は生まれながらにして潜在酵素(一生で決まった量の製造能力)をもっていて、この酵素を使い過ぎてなくなってしまうと、早く死を迎えることになるのです。
つまり、限りある酵素をいかにうまくやりくりするかが大切になります。
体内で作られる潜在酵素には消化酵素と代謝酵素があり、消化酵素は消化のための酵素で、代謝酵素は新陳代謝、有害物質の除去、自然治癒力、免疫力のアップのための酵素である。

消化酵素は毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を消化して分解し吸収するためにあります。
 ・アミラーゼはデンプンをブドウ糖に分解する
 ・プロテアーゼはタンパク質をアミノ酸に分解する
 ・リパーゼは脂肪を脂肪酸に分解する
など1つ1つの酵素が個別の働きを担っています。
潜在酵素をなるべく温存しながら食物酵素を毎日食事で摂っていけば酵素がなくなることを防ぐことができるのです。
でも酵素の生産能力は個人差があることが分かってきています。
酵素が減る原因は年齢、ストレス、喫煙、便秘、勉強や仕事など脳を使った時、胃への負担(食べ過ぎ・飲み過ぎ)など、日常生活の中でどんどん減っていってしまうのです。
ですのでできるだけ毎日の食事で食物酵素を摂取することが大切。
酵素が多く含まれる食材として、野菜、果物、お刺身、肉、また納豆や味噌・醤油などの発酵食品などが挙げられます。
しかし酵素は熱に弱く、50度前後の熱が加えられると失活してしまうので、生で無ければ摂取することが出来ません。
食事内容を工夫して食物酵素が摂れるようにしましょう。

毎日の食生活で潜在酵素を温存する方法
 ・果物、生野菜、発酵食品など酵素の存在する食物を多くとる
 ・食べ過ぎると消化に大量の酵素が使われていまうので小食を心がける
 ・酵素を減らす食生活をしない
酵素が減る原因にも記しましたが、過剰なストレス、食後すぐの睡眠、昼夜逆転生活などは酵素の働きを悪くしますので要注意です。
普段の生活の中で酵素のことを気にしながら暮らしていくことは難しい社会になっています。
食べ過ぎや加熱調理されたものばかり食べていると酵素を取り入れることができていませんから体の中で消化するための酵素を作っていかなければなりません。
ところが、食べ過ぎていたり、病気をしていたり、高齢を迎えている人は酵素を作る力が弱くなっていて消化することに対して酵素が間に合わなくなってしまうのです。
そのために十分に消化されないで体の中に取り込まれてしまい、栄養を摂っているつもりでも結果として体の中では異物として取り扱われてしまう。
酵素の不足が万病のもとを作ってしまうことが体内で起きることになるので注意しましょう。

ベルタ酵素の働きをこちらでチェック!

 

サイトマップ